• 投稿する

一覧へ戻る

薩摩藩の「侍」「藩士」の順序が教えてくれること

この内容はよくどこでも書かれているので、ご存知の方も多いと思いますが、結構、話すと知らない方も多いので、ここに記載していきたいと思い、書かせて頂きます。

薩摩藩主 島津義弘の言葉 「薩摩の教え」

1.何かに挑戦し、成功した者
2.何かに挑戦し、失敗した者
3.自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者
4.何もしなかった者
5.何もせず批判だけしている者

6.何もせずに批判するだけでなく、足を引っ張る者


ここで大事なのは、現代に合わせるとこういう順番になるという点です。
また、ジャックヴェルチのリストラ理論?的なものを合わせると以下にこうなると私は話しています。
私は雇用をするうえで面接で以下の価値観について、面接に来ていただいた方と話し合いをしています。

これからの「仕事をする者の順序」

1.目標を宣言し、成功した者
2.目標を宣言し、失敗した者
3.目標を宣言せず、成功した者
4.自ら挑戦しなかったが、挑戦した人と協力し成功した者
5.何もしなかった者(目標も宣言もせず、失敗した者)
6.何もせず批判だけしている者
7.何もせずに批判するだけでなく、足を引っ張る者 


この中で、以下を話しています。

「なぜ、2番が失敗した者なのに2番目かの理由を想定してください」と毎度面接で聞いております。ここで人の考え方がわかります。

また、以下を宣言することで働く際の基準みたいな役割をすることがあります。

1.目標を宣言し、成功した者
2.目標を宣言し、失敗した者
ーーーー↑幹部ラインーーーー
3.目標を宣言せず、成功した者
4.自ら挑戦しなかったが、挑戦した人と協力し成功した者
ーーーー↑従業員ラインーーー

5番以下は「うちには不適合であり、早期に対処しなければならない」と話しています。

権利と義務はイコールであると上司にも教わりましたが、権利と義務のバランスを欠いた施策をメンバーに与えることは最も人を不幸にする行為であり、将来のために両者なりません。

過激な内容に見えますが、今後、リモートワークが進む中、AIに勝つ方法とは何かを考える際の基準でもあると思っています。

AIにはできないことをやることこそ仕事となる時代が来るため、こういったことを毎度話し合いをしていっています。

なぜなら私も戒めになりますし、絶対に重要な基準であると上司たちに教わってきたからでありソフトバンク時代に体感したものでもありました。
突然ですが、こんなコラムですみません。

ここにノウハウを出品

錦織 康之

No.1000000147

株式会社 マオリ

5

このユーザーの他の投稿

関連のあるコラム