• 投稿する

一覧へ戻る

事業計画書の概要と目的

この記事でわかること

  • 事業計画書の概要と作成する目的
  • 事業計画書を作成する上で知っておきたい心得4つ
ここにノウハウを出品

はじめに

事業計画書は、企業が事業を円滑に運営する上で、不可欠な要素をまとめた書類です。企業にとって重要な指針となると同時に、関係者に事業の収益性や将来性を提示するのにも役立ちます。

この記事では、事業計画書の概要と目的、作成する上での心得についてまとめました。実務での悩みを解決する参考としていただければ、幸いです。

>>【無料でお試し!】KnowHowsで事業計画の専門家に相談

ここにノウハウを出品

1.事業計画書の概要と目的

事業計画書はよく聞く名前ですが、実際のところ、どのようなものと捉えればいいのでしょうか。ここで概要や目的について、わかりやすく解説しましょう。

①事業計画書の概要

事業計画書は、新しく事業を起こし、運営を行い、儲けを出すために練られた内容を言語化し、落とし込んだ書類を言います。

たとえば、ある商品の販売事業を始めたいと考えたとしましょう。

事業を運営するためには、もちろん利益を出さなければいけません。利益はお客さんがその商品を買ってはじめて生まれるので、お客さんのニーズの想定が不可欠です。一方で、どこで販売するのか、商品はどこから仕入れるのかなども考える必要があります。

このように事業を運営するためには、決めなければいけない事項が多くあります。それらをただ考えるのではなく、実際に行動に移し、結果が出せるように、具体的な文言でまとめた書類が事業計画書です。

②事業計画書の目的

事業計画書を作成する大きな目的は、事業を成功させる上で協力が必要な相手(金融機関や取引先、同じ会社の社員など)を説得し、実際に事業に参加してもらうことです。

たとえば、取引先に「○○という商品を作れば、儲かります!そのためには御社の技術が必要です!」と説明するだけでは、「果たして本当に儲かるのだろうか…?」と思われてしまい、協力を得ることは難しいでしょう。

誰かから「あなたに感謝しています」ではなく、「あなたに感謝しています。なぜなら、あなたは以前○○をしてくれました。そのおかげで、そのあとも私にとてもいいことがありました」と話してくれたほうが、その人が本当に感謝している気持ちがわかるもの。

それと同じで、事業の運営に欠かせない協力を得る上でも、具体的な内容がとても大事になってきます。事業計画書を作成する目的は、そこにこそあると言えるでしょう。

ここにノウハウを出品

2.事業計画書を作成する上での心得4つ

事業計画書は、事業を成功させる上で重要な提案書とも言えるものです。上手な絵を描くためにはある程度のセオリーがあるのと同じように、良い事業計画書を作成する上では、いくつか意識しておきたいことがあります。

ここでは、4つの心得をご紹介しましょう。

①提出する相手は誰か明確にする

第1章で、事業計画書の大きな目的は、相手の協力を得ることにあると説明しました。

そこでまずは、事業計画書を見せる相手が誰なのかをはっきりとさせることがポイントとなります。両親に宛てて書く手紙と、信頼する友人に書く手紙の内容が自ずと異なるのと同じで、相手によって伝え方が変わってくるからです。

またその相手が、何を重視しているのかについても確認しましょう。以下に、事業計画書を見せる主な相手と、その相手が注目するポイントについてまとめましたので参考としてください。

事業計画書を見せる相手その相手が注目する主なポイント
金融機関資金使途の具体性
企業の業績
企業の収益性
社内の人員体制
外注先や委託先の信用性
投資家事業の将来性や魅力
経営者の手腕や経歴
業界やマーケットの動向の理解
リスク管理
同じ企業に所属する社員新規事業の成長可能性
事業立案者の素養やモチベーション

以上を踏まえながら、事業計画書に何を盛り込むべきかをリストアップするといいでしょう。

②具体的な内容にするポイントを抑える

事業計画書では、相手の協力を得るために具体的な内容が鍵を握ります。そのため、次の事項を意識してみてください。

  • 魅力的と思わせる事業か
  • なぜその事業をするのか
  • 顧客は誰か
  • どんな利益が生じるのか

・魅力的と思わせる事業か

当該の事業内容が、事業計画書を見せる相手に魅力を感じてもらえるものかどうか、確認するようにしましょう。たとえば新しい事業を展開する市場に、競合がすでに多くいるような場合だと、厳しい目で見られてしまいます。

マーケットや顧客の動向などを調査した結果、実現が難しいと判断できるようなら、思い切ってアイデア出しの段階まで立ち戻るのもひとつです。

・なぜその事業をするのか

事業を行う理由や、事業を展開することによって生じる変化などの説明は、事業内容とセットで決めておきたい要素です。

新たな事業を展開しようとする際、その事業をする意味は何かについて問われることがあります。リスクを負ってまでする事業なのか、既存の事業で十分ではないか、と聞かれるケースは珍しくありません。

・顧客は誰か

顧客は、事業運営に不可欠な利益をもたらしてくれる存在です。どんなお客さんに商品を販売するのか、サービスを提供するのか想定することで、より具体性が増します。

その際、20代女性、40代男性と曖昧な顧客層ではなく、都会でひとり暮らししている20代前半のビジネスマンと、ターゲットを絞り込むのがポイントです。

・どんな利益が生じるのか

事業運営によって生じる利益は、事業の収益性や将来性を判断する重要な指標です。客単価や顧客数などから売上を算出するとともに、固定費や変動費といったコストも具体的な数字を出しましょう。

また、ただ利益を算出するだけでなく、顧客の性質や競合の分析も同時に行い、どうすれば利益を高められるのかシミュレーションを繰り返すことも大切です。

③事業が魅力的に伝わるストーリーを練る

事業が魅力的に伝わるように、各要素をつなぎ合わせたストーリーを練ることも心がけましょう。

魅力的なストーリーとは、もちろん小説のような感動作品を書くという意味ではありません。相手の心を動かし、「私も手伝おう」「一緒にやってみよう」と思わせるような内容にするということです。

次の手順を意識してみてください。

  1. 事業の全体像を説明する
  2. 事業を行う理由を説明する
  3. 提供する商品やサービスの魅力を伝える
  4. 狙っている顧客は誰なのか、どんな特徴を持っているのかを解説する
  5. 利益の出し方を伝える
  6. 実行に移した際に考えられる課題点を話す

ポイントは、他の人が事業計画書をぱっと読んでもわかるくらいに、噛み砕いておくことです。また端的に伝わるように、シンプルな表現にするのも重要でしょう。

④第三者の意見を積極的に取り入れる

事業計画書を第三者にチェックしてもらい、率直な意見を積極的に取り入れることも大切です。

事業計画を作成していると、無意識のうちに過大評価をしてしまいがち。また相手の目線をおろそかにし、基本的な説明が抜けてしまう可能性もあります。

  • 事業の内容は伝わりやすいか(わかりにくい部分はないか)
  • どんなところが足りないか
  • もっと面白いアイデアはないのか

こういった点を相手に評価してもらい、ブラッシュアップをしていきましょう。柔軟な姿勢で常にいることが、事業の成否を握ります。

ここにノウハウを出品

まとめ

  • 事業計画書は、事業を運営する上で必要な要素をまとめた書類。その意義は事業を成功させるために必要な関係者に、協力してもらうよう説得することにある。
  • 事業計画書は、具体性が大きな鍵。作成する際には、まず誰に見せるのかを考え、その上で事業内容が魅力的かどうか、顧客は誰なのかについて明確にする。
  • 事業計画書を作成したら、第三者にチェックしてもらうことも忘れずに。新しいことに対してポジティブに考えられる人が理想。
ここにノウハウを出品

おわりに

事業計画書の作成は、事業の成功を左右するといっても過言ではない書類です。

説得力のある事業計画書が作れるように、常に第三者の視点を意識するよう心がけましょう。

「事業のお悩みを解決するプラットフォーム」KnowHowsでは、資金調達、M&A、株式、人事など、さまざまな専門家から事業の課題に関するアドバイスを受けることができます。無料でご利用できますので、少しでも疑問があればぜひ相談してみましょう。

>>KnowHowsで事業計画について相談する!

ここにノウハウを出品

この記事を書いた人

KnowHows 編集部

株式会社KnowHows

6

さまざまな事業課題の解決に役立つ情報をお届けしていきます。

気軽にお話してみませんか?

このユーザーの他の投稿

関連のあるコラム