• 投稿する

一覧へ戻る

採用マーケティングをする場合のIndeedの利用方法

  • 131

  • 0

  • 0

  • 0

  • 0

採用マーケティングでの強力なツールになるのがIndeedです。
テレビCMでよ***の名前を聞くかもしれないのですが、他の媒体とどう違うのでしょうか?
このページではIndeedがどのようなものか、どのように利用するかについてお伝えします。

Indeedとは

Indeedは、求人方法を検索するための検索エンジンです。
検索エンジンというと、GoogleやYahoo!といったものを連想する人も多いと思うのですが、その求人情報のみを集めたものがIndeedです。
検索エンジンですので、インデックスをすれば(データベースに取り込むというイメージをしてください)、無料で何度も見てもらえることができるものになります。

ここにノウハウを出品

Indeedの特徴

求職者が仕事を探す行動としては、求人媒体のサイトを探す他に、インターネットを使って検索を行って仕事を探します。
IndeedはGoogle・Yahoo!の検索エンジン対策をされているので、検索をしたときには常に上位に表示をされます。
その検索結果を見た人はIndeedのページに入り内容を確認します。
Indeedに掲載がされていると、検索をして求人を探している人にアプローチをすることができます。

ここにノウハウを出品

Indeedを利用すべき会社・利用すべきでない会社

Indeedを利用するメリットのある会社としては次のような会社が挙げられます。

求人の条件が特殊

特殊な資格を持っている人、特別な経験を持っている人などの採用は困難を極めます。
その人を採用するためだけに、採用媒体に掲載費を支払続けるのもコスパが悪いというものです。
特殊な資格を持っている・特別な経験を持っているような人は、自分が活躍できる条件の職場が無いかを検索して探すことが多いです。
Indeedにインデックスをしてもらえれば、検索をしてもらえる可能性は非常に高くなります。

誰でもできる人の取り合いをしなければならない仕事

逆に、飲食店・工場・店舗の店員など、資格・知識・経験などを必要としない、誰でもできる仕事もIndeedが向いています。
このような仕事を探すときは、大量に似たり寄ったりの情報を見ることになり、応募をしたい人もうんざりすることに…。
そのため、似たり寄ったりの情報の中から、自分に合った仕事を探すために、インターネットで検索をかけることが多いのです。
複雑な検索キーワードで入ってくる人に適切な求人を出していることができれば、埋もれがちな似たり寄ったりの条件から一歩抜け出せます。

人材紹介業などが高単価で確保に乗り込んでいるところは利用すできではない

エンジニア・医師・薬剤師・看護師など、人材紹介業が特化しているような業種は向きません。
というのも、これらの職業の人は、自分で探さなくても、自分に合った求人をコーディーネーターが探してきてくれます。
そのため、自分の仕事を探すために検索を行わないのです。

ここにノウハウを出品

indeedを利用するためには

では、そのIndeedを利用するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

Indeedがインデックスするために求人詳細情報を加工する

Indeedが検索エンジンとして情報をインデックスするための、求人情報詳細ページは決められています。
具体的には、1ページの中には1つの職種・1つの勤務地の記載をすることになっています。
ですので、たとえば飲食店でホール係の採用をしたい場合で、多数の店舗を展開している場合に、1つのページで多数の店舗の情報を掲載すると、Indeedはインデックスをしません。
同じく、1つの会社で経理・総務・営業をそれぞれ募集している場合に、一つのページで3つの職種の募集をしているような場合にはインデックスがされません。
採用ホームページを作っている場合には、Indeedにインデックスがされるように、ホームページを作り替える必要があります。

Indeedに直接投稿を行う

ホームページがインデックスされなくても、Indeedに直接投稿を行うこともできます。
この場合、自社のホームページ等に誘導できないので、Indeedのメッセージに応募がないかを定期的に確認するようにしましょう。

有料でIndeed広告を出稿することもできる

Indeed内の検索結果一覧として出てくるページに、優先して自社の採用情報が掲載されるように有料広告をすることもできます。
イメージとしては、Google検索を行った場合に、検索キーワードに関連した広告を出稿できるのと同じです。
利用するにはIndeedか、Indeed広告を取り扱っている代理店と取引をする必要があります。

ここにノウハウを出品

まとめ

このページでは、採用マーケティングで応募者を増やす手段として、Indeedを活用する方法についてお伝えしてきました。
導入に少しハードルがあるのが難点ですが、一度設定が上手くいくと、無料で応募を増やしてくれるものになりますので、ぜひ活用しましょう。

ここにノウハウを出品

この記事を書いた人

つ の

コンサルタント

0

コンサルティング会社でマーケティング業務に従事。
マーケティング手法を活かした採用マーケティングのコンサルティングを手掛ける。
現在はコンサルティングとWEBライター業でフリーランスとして活躍

気軽にお話してみませんか?

このユーザーの他の投稿

関連のあるコラム