• 投稿する

一覧へ戻る
この記事の目次を見る

ツギノジダイ様の取材により、以下の記事を掲載頂きました。

注意すべきM&Aアドバイザーを見分けるには? 3つの事例で解説

現在、9割以上の企業がM&Aを認知し、これから10年で10倍になるとも言われているM&A(事業承継、買収、出資など)。

以下のサイトで面白い記事を見ました。
M&Aとは最近よくきく一般的な用語だそうです。以下のサイトのアンケートをご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000099.000058707.html

*引用元

ほとんどの企業の中で、以下のような回答になっているようです。

83.9%が譲受側(買い手)であり、16. 1%が譲渡側(売り手)

現場でもかなり買手様のニーズが多く、売手様の案件を探すのが非常に難しいとされています。

売り手のうち、8割が何も準備できていないと答えています。

この中、M&Aのニーズは上がっていきますが、アンマッチングも多いようで、

日本国内におけるM&Aが一般的にうまく進んでいないとイメージしているビジネスパーソンは64.4%

こんなデータもあります。

また、以下の生涯年収ランキングの上位会社の状態を考えると色々私も含めて考えなければならないと思っています。

↓上位を見てみてください!

日本の生涯年収ランキングの上位は?

その中でM&Aは決して悪いものでもなく、担当によるということをしっかりと皆さんにお伝えできればと思っております。

私もこういったことを提言させて頂く上でしっかりと自分を見ていかなければならないと思っています。

もし、M&Aでお困りや悩みがある方はガンガンに営業などは一切しませんので、お気軽にメッセージください。

ここに知識を出品

この記事の評価をお願いします

この記事を書いた人

錦織 康之

個人投資家, コンサルタント, M&Aアドバイザー, 非上場企業社長

株式会社マオリ

6

KnowHows,YOROZUYAJAPANの代表も務めております。また、

www.maori.co.jpにてMAコンサル、IPOアドバイザー、コンサルをやっておりました。

営業はお断りしておりますが、ご相談やお悩みは内容によっては対応させていただいております!

気軽にお話してみませんか?

このユーザーの他の投稿

関連のあるコラム