• 投稿する

一覧へ戻る

株式上場(IPO)の際に求められる基準

この記事でわかること

  • 東証マザーズ市場の上場審査基準
  • 東証一部、二部の上場審査基準
  • JASDAQの上場審査基準
ここにノウハウを出品

はじめに

会社が株式上場(IPO)を行うためには、厳しい審査基準をクリアしなくてはなりません。

本記事では、東京証券取引所の審査基準について、各市場ごとにその内容を解説していきます。ぜひ、ご参考ください。

>>【みんなの経営相談】IPOの悩みを無料で相談!

ここにノウハウを出品

1.株式上場の2つの審査基準

株式上場の基準は「形式基準」「実質基準」の2つにわかれています。この2つの基準をクリアしなければ、上場することはできません。いずれも証券取引所の市場によって内容が異なります。

①形式基準とは

形式要件は、上場までに満たさなければならない一定の数値の最低基準です。株主数、流通株式数、時価総額、純資産額、利益額、財務諸表等の監査などがあげられます。上場申請の際に提出する書類や資料で確認されます。

形式要件の基準は、市場ごとに異なります。マザーズ、東証二部、東証一部の順で、基準値が高くなっていきます。スタートアップやベンチャー企業においては、ほとんどの場合がマザーズ上場を目指すので、まずはマザーズにおける形式要件の基準を確認すると良いでしょう。

②実質基準とは

実質基準は、形式基準をクリアした上で満たさなくてはならないものです。形式基準と異なり、明確な数値基準が定められていないことが特徴です。

例えば、上場企業としてふさわしいか、安定した収益を継続できそうかなどを書類審査に加え、質問やヒアリングで調査されます。調査の対象は主に下記の内容です。

  • 開示体制の構築・運用:企業内容などの開示が適正に行える状況であること。反社会勢力との関わりがないこと
  • 経営の健全性、合理性:事業を公正に遂行しているか、事業計画が適切に策定されているか
  • コーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の構築・運用:法令遵守の体制が適切であること、役員の職務執行が適正であること、内部管理体制のための人員確保が十分であること
ここにノウハウを出品

2.東証マザーズで定められている審査基準

形式要件と実質審査基準について解説しましたが、実際に東京証券取引所で定められている基準を例に挙げてみましょう。

東京証券取引所には東証一部・二部、マザーズ、JASDAQの4つの株式市場があり、それぞれ審査基準も異なります。それぞれの基準についてまとめていきましょう。

形式基準実質基準
株主数:200人以上(上場時見込み)①企業内容、リスク情報等の適時開示体制の構築
流通株式数:2,000単位以上②企業経営の健全性
流通株式時価総額:5億円以上③企業のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性
時価総額:10億円以上(上場時見込み)④事業計画の合理性
事業継続年数:取締役会設置後1年以上⑤その他、公益または投資者保護の観点から証券取引所が必要と認める事項
財務諸表に虚偽記載がないこと
株式事務代行機関の設置:株式事務の委託をしているか
株式の譲渡制限がないこと

参考:日本取引所グループ「上場審査基準(マザーズ)

東証マザーズは、東証一部・二部での上場を目指すベンチャー企業など、成長企業向けの市場です。比較的設けられている基準が低い点が特徴です。

ここにノウハウを出品

3.東証一部で定められている審査基準

では、東証第一部においてはどのような上場基準があるのでしょうか。代表的な条件を下記の通りまとめました。

形式基準実質基準
株主数:2,200人以上(上場時見込み)①企業の継続性及び収益性
流通株式:(上場時見込み)a.流通株式数:2万単位以上 b.流通株式比率:上場株券等35%以上②企業経営の健全性
時価総額:250億円以上(上場時見込み)③企業のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性
事業継続年数:取締役会設置後3年以上④事業内容等の開示の適正性
連結純資産の額が10億円以上(かつ、単体純資産の額が負でないこと)⑤その他、公益または投資者保護の観点から証券取引所が必要と認める事項
次のa又はbに適合すること a.最近2年間の利益の額の総額が5億円以上であること b.時価総額が500億円以上 (最近1 年間における売上高が100 億円未満である場合を除く)

参考:日本取引所グループ「上場審査基準(内国株)

4つの株式市場の中で最も審査基準が厳しいのは、東証一部です。例えば、トヨタ自動車や日本郵政、ソフトバンクグループなど、名だたる企業が東証一部で上場しています。

上記の基準をクリアできる企業であれば、適切なリスクマネジメント、安定した経営基盤であるといえます。東証一部に上場することは社会的信用度に加え、投資家からの信頼も厚いと評価できるため、巨額の資金調達が可能です。

ここにノウハウを出品

4.東証二部で定められている審査基準

image.png
参考:日本取引所グループ「上場審査基準(内国株)

東証一部と二部の要件項目は変わらないものの、定められている基準値が異なります。

東証一部を目指す企業の多くは、まず東証二部へ上場するケースがほとんど。また、東証一部へ上場したとしても基準値を下回った場合には、二部へ降格するケースもあります。

ここにノウハウを出品

5.JASDAQで定められている審査基準

JASDAQは、「スタンダード」と「グロース」という2部で市場が構成されています。JASDAQで上場を果たすベンチャー企業が多いです。その一方で、JASDAQにとどまる大手企業や老舗企業も存在します。

①スタンダード:すでに利益・実績を一定基準満たしている企業が対象

image.png

参考:日本取引所グループ「上場審査基準(JASDAQ)

②グロース:上場時見込みの純資産額がプラスで、今後の成長が期待できる企業が対象

スタンダードと審査基準はあまり変わりません。しかし、グロースでは、純資産額がプラスであること以外は、利益額・時価総額に対しての基準が設けられていないのが現状です。これは、将来的な成長を見込める企業が対象となるためです。

ここにノウハウを出品

おわりに

各株式市場によって、上場審査の基準は異なります。東京証券取引所では東証一部、二部、マザーズ、JASDAQの順で、より厳格な基準を定めていると理解しておきましょう。

株式上場(IPO)で疑問があれば、KnowHowsで無料相談ができます。

KnowHowsは、「経営のお悩みを解決するプラットフォーム」として、株式上場(IPO)や株式の財務、法務・労務などの疑問を解決するプロフェッショナルが質問に回答してくれます。

少しでも疑問があれば無料で相談してみましょう。

>>KnowHowsで株式上場(IPO)の専門家に無料で相談してみる

また、KnowHowsではIPOを目指すうえで必ず必要になる「資本政策シミュレーター(無料)」をご用意しています。

必要な項目を入力するだけで、リスクがわかる資本政策がオンライン上で作成可能です。

作成は無料で行えますので、本記事とあわせてぜひお役立てください。

>>KnowHowsの資本政策シミュレーターを試してみる

ここにノウハウを出品

KnowHows 編集部

No.1000000012

株式会社KnowHows

6

さまざまな事業課題の解決に役立つ情報をお届けしていきます。

このユーザーの他の投稿

関連のあるコラム