• 投稿する

一覧へ戻る

【5分でわかる】プロダクトポートフォリオマネジメントとは

  • 562

  • 16

  • 1

  • 0

ノウハウのダウンロードはこちら

【5分でわかる】プロダクトポートフォリオマネジメントとは

KnowHowsの利用規約を十分にご確認の上、ご利用下さい。

無料

利用規約に同意してダウンロードする

経営戦略の策定や経営分析に用いるフレームワークのひとつ、プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)についてまとめた資料を、無料で配布します。PPMの基本知識だけでなく、PPMを使った一歩上の分析方法もご紹介しているので、ぜひダウンロードしてみてください。

資料の概要

image.png

目的と用途

  1. 自社事業の分類
  2. 自社事業の投資判断

コンテンツのアウトライン(目次)

  1. プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)の基本概念
  2. PPMで分類された各事業の基本投資セオリー
  3. PPMでの自社事業の分類
  4. PPMから一歩踏み込んだ事業分析の検討材料

その他追加説明

PPMはあくまで基本的な事業分類の方法であり、精緻な判断を行うにはより多様な観点での事業分類が必要となります。

当資料は、PPM以外に事業評価で必要となる観点の基本的な部分を掲載しております。

より詳細な事業分類方法については専門家にご相談ください。

想定されるユーザーと想定される利用シーン

想定される利用シーン

①事業分析

PPMによる考え方を通じて、自社事業を「スター事業」「金のなる木事業」「負け犬事業」「問題児事業」に分類することができます。

また、PPM以外にも事業分類に重要となる項目(ビジョン、ステークホルダーの意思との連動性、一人当たり売上等)も一覧化されているため、より多面的な事業評価が可能となります。

②投資判断

上記の事業分類ごとに、取るべき投資判断の基本的なセオリーもあわせて紹介しています。事業ごとの投資判断をする際の検討材料となります。

想定されるユーザー

 経営企画、経営戦略、経営層

本資料の目的と重要なポイント

昨今の急激な市場状況の変化、コロナショックなどにより、従来の勝ちパターンが通用しない経営環境となりつつあります。

そんな折に重要となるのは、事業への臨機応変なリソースの投資判断です。

当資料は、プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)と呼ばれる事業分析の手法をもとに自社事業の分析を行う方法について、簡単にまとめました。

この資料を活用することで、複数の自社事業を分析・分類し、投資判断の参考にすることが可能となります。

また、このフレームワークから一歩踏み込んでより詳細な事業評価を行う場合の観点についてもまとめました。

いつもとは違う視点で論理的に自社事業を評価し、俯瞰的な戦略判断の検討するためにご活用ください。

  • ファイル形式

    PPTX

  • ウィルススキャン結果

    ウィルスは見つかりませんでした

  • ページ数

    13

  • ファイル容量

    631.19KB

  • 評価

ノウハウのダウンロードはこちら

無料

同意してダウンロードする

データファイルのダウンロード、利用に関してはKnowHowsの利用規約を十分にご確認の上、ご利用下さい。

この記事を書いた人

KnowHows 運営

該当なし

株式会社KnowHows

269

気軽にお話してみませんか?

ダウンロード者のレビュー

1件のレビュー

関連のあるノウハウ